東京都障害者IT地域支援センター

ここから本文

■介助、介護、癒し系の福祉ロボット情報

 福祉の世界でも様々なロボットが開発され、日常生活などに役立っています。最近のロボット情報を集めてみました。
詳細については、それぞれの開発元にお問い合わせください。

【介助、介護、癒し系の福祉ロボット情報】   (2016年04月現在)
種    類
名    称
会社名 価 格 説    明
ロボットアーム
アイ・アーム
テクノツール(株)
オランダのイグザクトダイナミクス社製
お問い合わせ アイ・アームは上肢に重い障害を持った方の自立を支援するロボットアームです。 アイ・アームを使うことで、ご自宅や職場、外出先などあらゆる所での様々な動作がご自分でできるようになります。
メンタルコミットロボット
パロ
(株)知能システム 350,000円
(メンテナンスパック付き420,000円)
癒しの効果で人の心を豊かにする、セラピーを目的に開発されたロボット。
ロボットスーツ
HAL
CYBERDYNE社 リース HAL(Hybrid Assistive Limb)とは、体に装着することによって、 身体機能を拡張したり、増幅したりすることができる世界初のサイボーグ型ロボット。
食事支援ロボット
マイスプーン
セコム(株) 399,000円〜428,505円 手の不自由な方が、体の一部を動かすだけで自分で食事ができるようにするロボット。 無料体験可能。
「食事支援福祉機器助成事業」の対象機器となっています。(対象者は一割負担で購入できます。)
お掃除ロボット
ルンバ
iRobot社(アメリカ) 79,800円〜
94,500円
最先端のロボット知能『AWARE(TM)』(米国特許)を搭載。 より効率的な掃除が行えるよう、ルンバを精密にコントロールする。

やくだち情報のページへ


Copyright (C) 2004 Tokyo ITC All rights reserved.